「ホットパック」という名前によるイメージ、認識の違い

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

「ホットパック」という名前によるイメージ、認識の違い

2017/11/30

先日、親しい患者さんから質問を受けました。

「私はこだわりホットパックで楽になったし、気にいって毎日使っていますが、知っている鍼灸の先生は、ホットパックの使用に否定的なようです。
 
 温めることを重視する傾向にある、東洋医学の先生なのに、どうしてなのでしょう? 」

 

 

結局のところ、表現とイメージによる認識の違いかもしれません。

こだわりホットパックについては「ホットパック型、シート型の温熱用 小型医療機器」
というほうが伝わりやすく、本質に近いような気がします。

またこういった製品は、患者さんの立場で実際に体験しないと、なかなか価値はわからないものだと思います。
(利用者さんが満足してくれれば、私は十分です)

 

正直なところ、西洋医学、東洋医学それぞれの立場の先生たちがいろんな意見を持っていると思います。
健康のため体を温めることに賛同される先生は半数以上いる、のではないでしょうか。 (懐疑的な先生も一定数いると思います)

私は推測することしかできませんが、この機会に少し分析してみたいと思います。

 

「ホットパック」という言葉でイメージするものといえば・・・

 

病院や治療院で、リハビリ等の前に使う温めるもの全般を総称して、ホットパックと言う傾向があります。

肌に密着させて温めるものの総称といえるかもしれません。それくらい範囲が広く、1つの品を示すのでなく、一種の「カテゴリー」ともいえます。

 

したがって医療関係者が普通に考えれば、治療する前の準備として筋肉を少しほぐす程度のレベルを想定しているのではないでしょうか。

舞台・講演でいうと、主役の前に出てくる「前座」くらいの位置づけです。

 

したがって、ホットパックそのもので治療が行えるレベルを想定しないのは当然でしょう。

おそらく、先生たちもホットパックで「痛み・病気を良くする」ということは考えたこともない可能性があります。

 

 

 

こだわりホットパックは、「ホットパック型、シート型の温熱用 小型医療機器」という方がわかりやすいでしょうか。

筋肉や神経を多少楽にするというレベルではなく、目的として、本格的に治療できるように、ということです。

(医療機器の効果・効能としては、温熱効果、神経の痛みの緩和、筋肉のコリ、痛みの緩和、疲労回復、胃腸の働きなど各種が認められています。)

 

 

現在の形は最終形に近いと思っていますが、
なぜこの形体になったのか?

 

肌に密着させるので、非常に熱の伝わる効率が良く、使い勝手がよく、スペースを取らずに済むという理由です。

例えば、布団やベッドの中に入れておけば、夜寝ている間もずっと使えるし、努力いらずという特徴があります。

また邪魔にもなりません。

そのために、薄いシート型という形状になったに過ぎません。

 

病院ではリハビリの一環として、足湯や手湯の装置で、温めることもよくあります。

これらは全て、温めることを主体にしています。

ただ、こういった装置は、注水や清掃などのメンテナンスが必要になります。

毎日利用するものですから、こういった手間は極力省きたいと思ったのです。

 

これらの経緯があり、「シート型の小型医療機器」であって「ホットパック」タイプである、とご理解いただければ幸いです。

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法