海外でのこだわりホットパック利用について 質疑応答

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

海外でのこだわりホットパック利用について 質疑応答

2016/01/13

Q.外国でもこだわりホットパックは安全に利用できますか?
火事などにならないですか?


A. 変圧器と、コンセントの形に合った変換プラグが必要


多くの方が海外で利用されているという報告を受けています。(10ヵ国以上)

中村司も出張のたびに実験して、安全性を確認しています。
日本製品は100Vですが、変圧器を利用すれば、海外でも基本的に大丈夫と考えています。

トラブルが起こるとすれば、火事よりも先に、スイッチ部分が壊れて電源が入らなくなるのが通常のようです。
とはいえ、同じコンセントから延長コードに変圧器をつけるなど、ホットパック2台を同時に温めるのはやめた方が賢明です。
(電源がはいらなくなる故障を中村が体験済。)

帰国後、スイッチ部分を修理して直しましたが、きちんと丁寧に扱うべきだと痛感しました。

外国では、電圧が一定しないなど、日本とは勝手が違って驚かされる部分がいろいろとあります。

もしも、もしも万が一、ホットパックから煙が出るような事態があれば(苦笑)
その時はもちろん、すぐにスイッチを切ってくださいね!

 

 

Q.使用する電源は何ボルトか?  電源容量は何ワットか?

海外で使えるか教えてください。
ホットパックを愛用させていただいています。
海外出張の時も持って行きたいのですが、変圧器を通しての使用は問題ないでしょうか?
また、ホットパックの電力(W数)を教えてください。
———————————

A.

変圧器を使用すれば海外でのご使用は可能です。
(長期滞在の場合、現地で買われる事をお勧めいたします)

実際海外でご使用になられている方は、大勢いらっしゃいます。
ちなみに、こだわりホットパックの電圧は100ボルトで、消費電力のワット数は80Wです。

変圧器は、信用できる大きいショッピングモール(百貨店がお勧め)に行って、
電圧やワット数が分かる取扱説明書を店員さんに見せてもらい、購入されたほうが一番確実かもしれません。

また変圧器に同時に2個以上のコンセントをご使用にならないようになさって下さい。
各国でコンセントの形が違うので、もちろん、変換プラグも必要になります。

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法