日本東洋医学財団 東京・健康講演会のご報告 

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

日本東洋医学財団 東京・健康講演会のご報告 

2018/01/27

この日曜は「日本東洋医学財団 東京・健康講演会2018」ということで、一般の方向けの共同講演会を東京で開催し、満員御礼の大盛況でした。

(※会場定員が30名と少なかったため、一ヶ月以上前に全てのチケットが完売となってしまいました。参加を希望された方々には、ご迷惑をかけましたこと、心よりお詫び申し上げます。)

 

  【 日本東洋医学財団 東京・健康講演会2018 概要 】

   第1部「自分でできる、腰の不調を回復する方法」 

   講師 小山哲士 (鍼灸院 州凰堂治療院 院長/同財団 評議員)

   第2部「なぜ体を温めると痛み・不調から解放されるのか」

   講師 中村司 (難病請負人/中村式温熱 提唱者/同財団 理事長)

 

第1部テーマは「自分でできる、腰の不調を回復する方法」。

講師は、小山哲士先生でした。
財団の評議員で、神奈川県相模原市にて、鍼灸院 州凰堂治療院を運営されています。
中村司とも10年ほどの親交があり、情熱的な先生です。

今回は、腰痛や不調に効果の高いシンプルな体操をいくつか教えていただきました。

・骨盤を正しい位置にリセットする座り方
・座った位置のモゾモゾ体操
・モゾモゾ体操で仙腸関節を緩めてから、横向きで足裏で壁を押す方法
「前屈改善型」の脊柱管狭窄症など腰痛に有効な「壁おじぎ体操」 などなど・・

ひもを利用して、ひざ周りをしばって正しい姿勢で座る方法など、いままで見たことがない方法で会場が盛り上がりました。


レジメ、準備など大変だったと思います。
小山先生、ありがとうございました!

 

 

中村司講演 後半「なぜ体を温めると痛み・不調から解放されるのか」は → こちら に続きます。

 

 

 

----

今回の【日本東洋医学財団 東京・健康講演会2018】では、とくに以下の方々にいろいろ御協力いただきました。
この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 

【講師】
小山哲士 様  州凰堂治療院 院長 鍼灸指圧師 薬種商 

【司会】
小坂田秀之 様  難病克服カウンセラー 難病克服協会 理事  NPO法人 日本心理カウンセラー協会 理事

 

【後援・協力】

北林利江 様  シャレコ株式会社(トラブル肌専門の化粧品) 代表取締役 (社)ダイヤモンドハートスクール 理事

小山伊久江 様  州凰堂治療院 鍼灸指圧師

小坂田恵理 様  心理療法家 ルーム・ソル(こころの根本改善) 

 

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法