特定の健康食品やサプリメントの効果について

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

特定の健康食品やサプリメントの効果について

2014/03/25

「健康食品やサプリメントの効果について、中村司さんの見解を教えてください」との質問がよくあります。

病気の人にとって、健康食品やサプリメントに頼りたい、信頼できる先生の推薦も欲しい、その気持ちはわかります。

しかし、中村は「自分がぜひ使いたいかどうか」という視点で判断するため、基準がかなり厳しく、簡単に推薦しないし、積極的には推薦できません。

いうか、今までほとんど推薦したことがないくらいなので、大きなくくりでは「サプリメント否定派」ととられることでしょう。

ということなので、、、質問した方はガッカリされるかもしれませんね。

 

基本的には、正しい食事により、きちんと栄養を取ることが大切だと考えているのです。
その努力をしないで、サプリメントに頼ろうとするのは、どうしても違和感があります。

マスコミで良く展開されるキャンペーン、「Aという健康食品が、この病気に効く」という単純なロジックを中村はほとんど信じていません。
「95%、真実と異なる」という確信があり、斜めに構えて見ています。

 

とはいえ、チャレンジも大切です。
消極的推薦なら、どのような栄養素、健康食品、サプリメントであれ、したいと思います。

もし、あなたがその健康食品やサプリメントを本気で信じられるなら、効果が出やすいというのも事実なので、負担の許す範囲で、期間(撤退時期)を決めて試されるのも1つの方法だと思います。

私が健康食品やサプリメントをキライなのは、すぐ結果がわかることがほとんどない、からなのです。
つづけている人たちに聞いても「効いているのかわからない。効いているような気もする」くらいの意識で、神社のお守りくらいの気休め的な利用法に終始しがちです。

 

結論から言えば、あなたがやりたいなら、試したいなら、経済的負担の許す範囲でやってみればいいし、高くて継続できないのなら、やるべきではないと考えます。

効く人もいるし、効果のない人もいる、ということではないでしょうか。

 

実際のところ「治癒との強い相関関係を示す健康食品」については、あなたと同じく、もう何十年も探しているというのが現実です。。。
当然ながら、、、いまだ見つかっていません。 苦笑。
おそらく、一生、見つからないことでしょう。

 

拙著「9レッスン」で述べている通り、自己治癒は、内側から起こるものであり、外側のものは、そのきっかけになるに過ぎません。
中村がいう事は、わかりにくいのかもしれませんが、大切なのはそこなのです。内側につながる、本質的な療法であればいいのです。

本質というのは、必ず内側の部分であり、私も長い間、どこにもいない「青い鳥」を苦労しながら探してきた同じ経験を持つからこそ、このようにお伝えしたいのです。

 

このように、特定のサプリメントや健康食品が、ある病気に効く、というロジック自体あまり信用できない、というのが中村司の考え方です。

良いものは、胃腸を改善し、その結果、健康を得る事が出来るのです。
胃腸を改善し、体を回復に向かわせるのは、副交感神経の働きですので、リラックスやそれを誘導する手技もよいでしょう。
胃腸を改善し、体を回復に向かわせる2つ目は、「マヌカハニーの15+」です。
中でも、費用と効果、味のバランスが最高レベルのものが、ニュージーランドのコンビタ社のマヌカハニー15+です。
※ マヌカハニーについての質問は、一切受け付けません。ネットで検索すれば詳しいページが山ほどあります。

 

他の、一般的な先生に聞くと違う見方から教えてくれると思いますが、中村司は厳しいので、世の中に出回っている、ほとんどの健康食品やサプリメントが、個人としては指定・推薦できないという姿勢がお分かりいただけるかと思います。

 

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法