温熱治療でがんの免疫力を高める

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

がん〜温熱治療で癌の免疫力を高める〜

ガンの背景には、ストレス、深部体温の低下、ミネラル・酵素・ビタミンの不足、栄養吸収不良などがあります。3大療法の副作用をできるだけ軽くすること、ガンを最小化するためにも、体を徹底的に温め、生活改善をしていきましょう。

なぜ癌に温熱治療が良いのですか?

(なぜ、癌に温熱療法が良いのか、教えてください)
癌の温熱療法というのは非常に有名なのですが、実は「42度とか43度の体温下では、癌細胞は生存できない」ということが証明されています。

したがって、癌になって「生きたい、死にたくない」と思う人の多くがハイパーサーミアや民間療法などの温熱療法を経験すると思いますが、中にはつらい温熱療法や、面倒な温熱療法も結構あり、選択に困るのではないでしょうか。

例えば、いろいろな温熱機器を使う方法があります。病院で使用されているものの中にも、保険がきかないで自己負担となるため、お金が意外にかかるものもあります。

たとえばルカ病院には、遠赤外線機器の非常に強力なものがあるそうで、この機械は約1億円するものですが、保険が効かないために1回の治療費が、数万円かかるそうです。

まあ、「数万円で1回の治療ができるのなら、それでもいいか」という考え方もあるとは思いますが、温熱療法の目的は体を温めるということですから、日頃の努力である程度は補えるのではないかと考えています。

私共がおすすめしているホットパックは、家庭でできる温熱療法として使うには、最高傑作の医療機器だと思っています。

これを使うと、例えば癌の痛みがひくとか、あるいは癌のための三大療法(手術、薬、放射線)の副作用が、随分抑えられることを確認しています。

体温が1度下がると、免疫力は30%下がる

また、免疫力については「体温が1度下がると免疫力は30%下がる」という話が有名ですが、「体温が1度上がると免疫力は5倍~6倍になる」ともいわれています。

(熱によって、免疫力はそんなに上がるのですね)

データの結果には差異がありますが、どのデータにも共通して言えることは、体温が上がれば免疫力は必ず上がり、体温が下がれば免疫力は必ず下がるということです。

そして低体温の人は、蘇生作用が非常に悪く、体の細胞の修復能力がない、ということになります。もしあなたが、癌を含めて難病ほか、何かの病気になっているとしたら、それは残念ながら、あなたの細胞修復力は健康な人に比べて、かなり劣っていることが示されています。

したがって、まずは細胞修復力を良くする必要があります。温熱療法によって体温を上げると、新陳代謝が良くなり、汗をよくかくようになります。尿もよく出るようになり、排便機能も高められます。

便秘が体を悪くする?

便秘というのは、体を悪くする大きな原因です。非常に健康な人は、実は1日に5回、6回と排便をしています。
例えば、私が病気の人に「便秘をされていませんか?」と尋ねると、「いや、私は便秘ではありません。2日に1回は出ます」という人がいます。

2日に1回は便秘です。排便は、最低でも1日1回は必要です。
健康な人には、1日5回以上出る人が多いのです。

(それは驚きですね)

はい。こういった人たちは排泄力が強くて、とても元気な人たちです。

(便秘の人の体の中には、いろいろなものが溜まっているのですね)

はい。溜まっていて、しかも腐敗していて、大腸の中で腐敗した便がそのまま、粘膜のほうに再吸収されていくのです。

(かなり体に悪そうですね)

そうすると、それが非常に有害な毒素として血液に入り、体中を回ることになるのです。

(便秘には、気をつける必要がありますね)

便秘は万病の素です。逆に言うと、とにかく頻繁に便を出せるようになれば、つまり1日5~6回排便できるようになれば、基本的にどんどん元気になってきます。
聞いたことがあるかも知れませんが、癌であっても生存していくことは、それほど難しいことではありません。特に私のまわりには癌になった人が多いのですが、癌で亡くなったという話はほとんど聞かないのです。
なぜかというと、年齢にもよりますが、癌という病気はなりやすくても、死ににくい病気なのです。本来なら、人と癌は、共存していくことができるのです。

中村司こだわりホットパック

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法