悔いのない死に方をしたいなら、悔いのない生き方をするのが基本

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

悔いのない生き方の話

ガンの背景には、ストレス、深部体温の低下、ミネラル・酵素・ビタミンの不足、栄養吸収不良などがあります。3大療法の副作用をできるだけ軽くすること、ガンを最小化するためにも、体を徹底的に温め、生活改善をしていきましょう。

悔いのない生き方をするのが基本

自然療法に励んで、癌が消えてしまうと、病院内で揉めごとに発展する場合があります。
主治医とその上司の医師とのやりとりでケンカになって、部下のほうの主治医が異動させられたという例を耳にしています。

(それは、どういうことですか?)

愛知県の某市民病院の例なのですが、どの部位の癌なのかは記憶にないのですが、夫が癌になり、妻が夫に癌であることを伝えなかったのです。言いたくないということで、告知しなかったそうです。

「どうも調子が悪い」ということで不安になっていた夫は、我々が皆さんにお伝えしている温熱療法や食事療法、考え方を前向きにするといった治療法を続けることにしました。

そうすると、だんだん調子が良くなってきて、やはり癌が消えてしまったのです。

その結果、主治医の「癌である」という判断は、誤診だったのではないかという話になってしまいました。
担当の医師は「絶対に誤診ではない」と言い張ったのですが、上司の「××部長」のような医師は、「癌は消える訳がないから、誤診のはずだ」と言い切ったのです。

このようなやりとりがあって、担当していた主治医は別の病院に異動させられ、その一連の騒動の中で、なんと妻のほうが突然、亡くなりました。「癌だから、死んでしまう」ということを胸のうちに隠してお世話していた人のほうが、先に亡くなってしまったのです。

(何か、矛盾を感じますね)

これは、治った人たちの周りで起きた話なので、一般的な話ではないかもしれません。

ただ、「癌だから、死んでしまう」という考え方を抱き続けると、たとえ自分のことではなくても、このように自分の体が亡くなってしまう場合さえ、あるのです。

癌になったからこそ

逆に、「癌になったおかげで、これからは温熱療法や食事療法などで、もっと健康になるチャンスを得たのだ!」という考え方に変えてしまえば、希望が増してくるものです。

つまり、癌になっても、生きていけるのです。
癌になったからこそ、それまでの生活習慣や考え方を見直し、改められるようになるのです。

ですから、「癌になったら、すべてが終わる」という発想は、全くおすすめできません。

誰もがいずれ死ぬのですから、後悔のない死に方をしたいと思うなら、今すぐ後悔のない生き方をしたほうが良いのです。

(とても興味深いですね)

「うまく死ぬためにうまく生きる。一生懸命生きる必要がある」ということが分かった人は、そう簡単に死なないのです。

後藤田さんのように生きられれば、素敵ですよね。彼のような生き方をしていたら、なかなか死ねないのですから。

中村司こだわりホットパック

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法