卵巣の不正出血が多いと腹腔内に血液がたまってしまう

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

卵巣の不正出血が多いと腹腔内に血液がたまってしまう

卵巣痛などの背景には、ストレス、冷えなど血行不良、腸の下垂・内臓機能の低下があります。中村式温熱を中心とする自宅ケアで、卵巣トラブルの原因を取り除きましょう。

卵巣痛というのは卵巣に何かしらの影響が出ていることが関係しています。排卵の際には軽く排卵痛というのが出てくるものですが、この痛みが異常に大きい、腹部に大きな痛みがあるというのは、どこかしらに異常が起こってしまっている可能性が高いことになります。

 卵巣出血というのもある

通常の排卵でも少量の出血をするというのは、卵巣の表面が破れることが影響しています。破れるということは当然出血をする可能性はあるのです。ですが、この破れた時に、多くの出血をしてしまうこともあるのです。

通常では大量の出血、不正出血はありません。大きな刺激が加わってしまったり、あるいは何か異常が起こってくる際に、不正出血が起こります。

不正出血が起こった際には、自分の体に何かしらの異常が起こっている可能性が高いと考えておいて大きな間違いはありません。焦ってしまう必要はありませんが、慎重に自分の体を観察していくことが大切です。(痛みがあれば迅速な受診が必要になります)

 

卵巣からの不正出血というのが多くなると、腹腔内に多くの血液がたまってしまうことになります。そうなると、それがきっかけとなって、大きな痛みが出てくることになります。(これを卵巣出血と言ったりします)

 

性交をした後にこのような出血が見られてしまうことも多く、卵巣出血になってしまった際には、それまでにどのような過程があったのかを思い出しておくことが大切です。

性交をした後、急激に腹部が痛くなることで、受診する人が卵巣出血の症状を抱えているケースが比較的多くあります。

 

痛みや不正出血というのは、異常を知らせてくれる信号ではありますが、だからといって急激に症状が進んでしまうということはありません。

中村式温熱療法は、体の機能を温熱治療によって高めていき、症状緩和を促進します。

大きな治療、体に負担のかかる治療ということではないため、ちょっとした症状でも治療として取り入れられる強みがあります。

生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛を改善する治療法のページ

女性の生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛には、背景が3つあり、改善のための治療法があります。
簡単に実践して頂けることになりますので是非ご覧になってください。

・生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛を改善する治療法

中村司こだわりホットパック

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法