リウマチなど関節や神経の痛みは、きわめて主観的なもの

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

痛みは「幻想」

痛みは「幻影」であり、主観的なもの

首、肩の筋肉がリラックスして副交感神経が活発になれば、今ある痛みを強く感じずに済むという素晴らしいメリットが得られます。
単純にいうと、今の痛みの大部分は、脳が感じさせている幻影なのです。

その幻影を取り除くためにはどうしたらいいかというと、体を温めて脳が感じるストレスを減らせばいいのです。

ということで、まずは早急に、温熱療法を実践するのが効率的でしょう。

体の「どの」部分を暖めるのか

痛いところに対して、ピンポイントで温熱療法を施すことも必要ですが、体や血液を全体的に温めるという視点が重要です。

簡単に広い面積を温められるものが便利なので、やはりホットパックのような形をした道具を使う温熱療法が最もおすすめなのですが、一言でホットパックといっても、実は病院のリハビリで使われているホットパックは、あまり効かないといわれています。

なぜなら、病院で使われているホットパックは表面を温めることに終始しているので、体内の筋肉や関節にまで、温熱効果が浸透していかないからです。

つまり、皮膚や体表から浅い部位をどれだけ温めても、なかなか体は温まらず、血流も改善されず、痛みの軽減に向かうような、思ったような効果は出ません。

よって、「病院のリハビリでホットパックを体にあてると、多少は効果があるかもしれない」くらいに認識しておくのが適当かと思います。(苦笑)

体を温めるために、広い接触面積を確保した物はあるのに、熱の浸透度にまでこだわったホットパックは、世の中にほとんど存在しないのです。

私どもがおすすめしている、医療機器のこだわりホットパックは、コンセントから電気をとる蓄熱式です。

これによって、豊富な熱量が得られ、広い接触面積、さらには深い浸透度を実現することに成功しています。

リウマチの記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法