専門家の先生方からの、こだわりホットパックの推薦分

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

こだわりホットパックの推薦文

~松田医院 和漢堂 院長  松田史彦 医師~

6832d97e

「気持ちいい!」

これが難病請負人 中村司の切り札、こだわりホットパックのキーワードだ。

遠赤外線の医療効果は科学的にも証明されている。このホットパックの出す8~14ミクロンの遠赤外線は「育成光線」といわれ、身体の発する遠赤外線と共鳴し身体の内部に浸透、血管を緩めて血流を改善、痛みを始めとした数々の症状が改善する。

世の中には当然、数々の遠赤外線製品が存在する。 しかし、これほどまでにシンプルで効果の高い製品は他にはない。 操作も単純で実に使いやすい。 その高い効果も操作性も、研究し尽くされた結果である。

当院でも以前から採用し、痛みや痺れの患者さんに積極的に活用している。

「気持ちいい!、楽になった」 これが多くの方の感想だ。 私自身も日常的に使っているが、確かに「気持ちいい!」。

ホットパックのデザインもおもしろい。 中村氏のあまり似てない似顔絵と強烈な赤が印象的でいかにも温まりそうなイメージで、一度見たら忘れられない。
この真っ赤なホットパックを使って、忘れられない「気持ちいい!」をぜひ体験していただきたい。

~MTS自然良能研究所 所長  腸ラボ 主宰  宮川典彦 先生~

 

現代人は食生活の乱れと、3大枯渇(良い水・ミネラル・酵素の枯渇)によって体は「陰性の酸性」に傾いて、不定愁訴から大病難病まで招いてしまっています...。
多くの人が低体温・低免疫ですし、腸や内臓の冷えや汚れが多くなっています...。

そこで僕はコノ中村式温熱ホットパックを、クライアントさん達にススメています!
お腹を温めると免疫が上がり内分泌が高まり、副交感神経の活性化につながり、内臓諸器官が元気に働いて血液の浄化作用が得られます☆

~たづな整体院 堤貴志 先生~

tsutsumi


「ズボラに誰でも健康になれる便利グッズ」

寝る時にコンセントを入れて、スイッチを入れるだけ。
温度の高さも3段階で調整でき、消し忘れても8時間で自動に電源オフ。
寝る時に、自分が温めたい所に、ただ置いて寝るだけで、遠赤外線の効果で血行が良くなり身体が楽になります。

寒い時は、身体を温めポカポカに。暑い夏でも、冷房や冷たい物の取りすぎで冷えた筋肉や内臓を温めてくれる優れものです。
これなら、忙しくて時間の無い人でも、身体が悪くて動けない人でも、手軽に健康になれることができ、ズボラな人でも無理なく続けることができます。
お腹や腰を温めたり、ふくらはぎを温めたり、腕を温めたり・・使い方は自由。

ペットの犬や猫も喜んで座るホットパックは、シンプルだけどとても理にかなった、誰にでもお勧めできる医療用の健康器具だと感じます。
普段から整体の仕事をしていますが、こんなに手軽に毎日ケアができるものなんてない!
患者さんのケアにも自分のケアにも毎日重宝しています。

 

 

中村司こだわりホットパック

中村司こだわりホットパック

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法