難病と痛み専門!中村司のブログ

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

病気は「仮の病」「仮の姿」かも。

2019/11/11

 

病気は「仮の病」「仮の姿」かも。

 

---

 

「あなたの病気は仮病ですね」と言われると怒り出す人もいるでしょう。

「わたし、真剣だし、頑張ってます!」という声が聞こえてきそうです。

 

---

 

ふと思いついたアイデアですが、

病気を「権現(ごんげん)思想」でとらえるのも新しい視点で、面白いかもしれません。

病気を、仮の姿で現れたもの、と考えるのです。

神仏の世界では、蔵王権現、熊野権現、愛宕権現、白山権現などがあります。

この場合、仏が「仮に」神の形を取って「現れた」
ことを表現しています。

 

---

 

よく聞く話として、ガンから復活した人の経験があります。

「あの時、ガンになったお蔭で、今の自分がある。本当に有り難い」と言われます。

「そんな綺麗事を・・・」と思うかもしれませんが、ご本人が真剣に話してくれるのを、私もかなりの回数耳にしています。

 

---

 

「本質」の世界や「生命力」のお働きが、「症状」として、先生のように、もし人生を導いてくれる、としたら、、、

未来から振り返った時、まさに「がん権現」「リウマチ権現」「難病権現」だったと気づく瞬間がくるかもしれません。

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

温熱療法みんなの使い方

温熱療法の活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別温熱療法の活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線でいつでも体を温められる 「中村式温熱」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法