リウマチの痛みを温熱治療で症状改善!

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

〜リウマチの痛みを温熱治療で症状改善〜

リウマチになぜ温熱療法が良いのですか?

温熱療法は痛みをやわらげ、そのうえ痛みの原因にもアプローチできる、優れた治療法

質問者:(リウマチになぜ温熱療法が良いのか、教えてください)

リウマチというのは、非常に痛みが強い病気ですよね。
関節、全身の関節の節々がものすごく痛い、あるいは動きが悪くなるということで、大変つらい病気です。
そこで、重要な課題として、まず痛みを楽にしてあげることが最優先となるでしょう。
そうしないと、将来の希望をもてず、人生が立て直せないというように考えてしまいます。
ステロイドをはじめ、痛みをコントロールすることを目的とする薬がいろいろとあるのですが、あまり痛みが楽になっていない場合が多々あります。

ところが温熱療法を適切に実行してみると、その痛みが劇的に楽になるというケースが結構あります。

例えば、朝起きて動きが悪いという方、あるいは、関節が痛いということで非常に辛いという方が、私がおすすめしている医療機器のこだわりホットパックを使うことによって、10段階評価のうち8とか9相当と感じていた痛みが、4とか5へ、いきなり半分に下がる人も多いのです。

このように、痛みが大幅に軽減したという体験談のメールや手紙が、よく届きます。

このこだわりホットパックを使うと、気になる部位をはじめ、全身の血流がとても改善されるので、「関節や筋肉の痛み、神経の痛みが早めにやわらぐといいですね」ということで、おすすめしています。

リウマチという病気の異なる側面

またリウマチという病気は、実は関節だけでなく胃腸の病気という側面を強く持ち合わせていますので、胃腸の働きを改善するためにも、こだわりホットパックをお腹にあてていただき、おなかに対しても温熱療法を実践していただくと良いでしょう。
さらに深い話となりますが、痛みのボリューム(強弱)というのは、実は自律神経や脳で感じたストレスの度合いを、色濃く表しています。
本当は10段階評価のうち2とか3の痛みしか発生していないのに、それを8とか9の痛み、あるいは10の痛みとして認識してしまうというのは、「脳の誤作動」なのです。

ですから、脳の誤作動を生じさせないためには、まず首や肩をリラックスさせておくことが、大切になります。
したがってぜひとも、こだわりホットパックを首、肩にもあてて、そのあたりの血行も良くしておきましょう。

リウマチの記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法