こだわりホットパックは、太陽光線に近い遠赤外線の育成波動

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

遠赤外線の効果とは

太陽光線に近い遠赤外線の育成波動

中村司がおすすめしているこだわりホットパックは、電熱線から発生した熱を、セラミックや鉱石の粉末を加工した独自の遠赤外線シートを通過させることで、遠赤外線が豊富に出るようになっています。

遠赤外線について詳しく書きますと、こだわりホットパックから出る遠赤外線は、だいたい4ミクロンから14ミクロンです。
中でも8から14ミクロンというのは育成波動と言われ、人間や動物の細胞を蘇生化させ、活性化する波長であり、赤ちゃんの保育器にも利用されています。

これは、太陽光線に近いものです。

(太陽の光?)

太陽の光というか、太陽の熱に近いものですね。

(太陽の光、特に朝日を浴びると、体にいいって話を聞きますね)

その通りです。

太陽の光には、目に見える可視光線と、熱として感じられる赤外線と、目にも見えずに感じることもできない紫外線が含まれています。遠赤外線というのは、目に見えないけれど、熱として感じることができる波動です。

例えば、石焼き芋がおいしく焼ける、あるいは天津甘栗がおいしく焼ける、あるいは遠赤外線のコンロで魚がおいしく焼けるのは、遠赤外線の熱が食べ物の内部にまで浸透して、表面が焦げるだけでなく芯まで火が通って調理されるからです。
このときの熱は、目に見えないですよね。

遠赤外線はどのように発生するかと言うと、石焼き芋や天津甘栗でも使われるような石やセラミックが温められたときに、遠赤外線が放たれます。

石に熱を加えると、その石から出る熱と遠赤外線によって、芋や栗が温かくなり、芯までほっこりとおいしく調理されていくのです。

(石から出る熱?)

そう、これを輻射熱(ふくしゃねつ)といいます。
直接、熱が加えられるのではなくて、熱を加えられた石から間接的に、芋や栗へと熱が放たれます。温められた石には、単に熱を伝えるだけではなく、遠赤外線も放つことができるという特徴があります。ここが大切です。

一般的なホットパックとの違い

(それに比べて、病院で使われている一般的なホットパックというのは、人体に直接、熱を与えるものですか?)

いいえ、そちらも間接的に熱を伝えるものには違いないのですが、遠赤外線を放たない物質を使って、人体に間接的な熱を与えているだけのものです。

一般的な病院では、例えば熱を出した時に水枕として使う氷嚢を、鍋のような物の中に、あるいはおしぼりなどを入れる保温機の中に入れ、温めたものを布などに包んで、ホットパックとして使っています。

(そういうホットパックなんですね)

はい、それが普通のホットパックと呼ばれているものです。
あるいは電子レンジで温めて、使うタイプのものもあります。

(コンセント式じゃなく、遠赤外線が出ないホットパックなんですね)

はい、病院で使われている一般的なホットパックは、コンセント式ではない、つまり、電気による蓄熱式ではありません。また、氷嚢タイプをどれだけ温めても、遠赤外線はほとんど放たれません。

蓄熱式のこだわりホットパックは、電気によって電熱線が温まり、電熱線からの熱が遠赤外線シートを通過してはじめて、その熱が遠赤外線となって放出される仕組みになっています。

最適な温度が自動的に保たれ続けますので、最適な温度で遠赤外線が放たれ続けます。体を芯から温め続けることを目的に、作られたものです。

この熱量にしても、相当膨大なものになりますよ。

遠赤外線シートの中にいろいろな鉱石のパウダーやセラミックが入っていますので、それを十分な熱量をつかって温めることにより、遠赤外線を発生させているのです。

(使ってみると、「芯からほっこり」という感じがわかりますね)

そうですね、イメージ的にはもう、石焼き芋の状態です。(笑)

きっと誰もが自分の体で、その感覚を実感できるのではないかと思います。

(こだわりホットパックから遠赤外線が放たれていても、赤い光は放たれませんよね?)

はい、よく間違えられるのですが、「うちには遠赤外線のコタツがあって、それが赤い光を放っているので、こだわりホットパックも赤く光るのでは?」と考える人がいます。

(そのコタツの赤い光は、何を意味しているのですか?)

その赤い光は、遠赤外線じゃないですよ。遠赤外線は目に見えませんから。 コタツから、いかにも何か温かいものが出ているイメージを持たせるために、赤い色の電球が設置されているだけです。

(そうなんですね)

はい。ただ、遠赤外線が我々の体の奥深くまで浸透することには変わりないので、本当に遠赤外線が出るコタツであれば、そちらも自分の体をほっこり温めることができる、非常に優れたコタツだといえます。

リウマチの記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法