子宮筋腫の痛みは早めの体質改善が重要

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

子宮筋腫の悩み

子宮筋腫の背景には、血行不良(冷え)と胃腸の下垂・機能低下があります。中村式温熱を中心とする自宅療法で、子宮トラブルの原因を取り除きましょう。

月経のある女性の5人に1人はあると言われる「子宮筋腫」は、
場合によっては、不妊や流産にもつながるもの。
症状がないからと軽視せず、定期検診と早めの体質改善をお勧めします。

 

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍のこと。主に30代以上の女性に見られ、40代の患者がもっとも多いとされています。ただ、これはその年代に検診を受ける人が増えたり、妊娠をきっかけにして子宮筋腫の存在に気づいたり、症状が出始めたりといったことが背景にあります。

 

というのも、子宮筋腫の主な原因として、女性ホルモンの影響が考えられるからです。その証拠に、初潮前の女性には子宮筋腫は見られず、女性ホルモンの分泌が増える20代後半から30代を境に発症者数が増え、閉経後には筋腫の大きさが小さくなるという傾向が見られます。妊娠すると筋腫の大きさが大きくなるケースが見られることも、女性ホルモンであるエストロゲンの働きが関係して子宮筋腫が成長すると考える根拠となっています。

 

つまり、月経がある女性であれば、誰しも子宮筋腫になる可能性があるわけです。近年は初潮年齢が早まり、20代の比較的若い世代から子宮筋腫に悩む人も増加傾向にあるようです。成人女性の20~30%は子宮筋腫を持っていると言われており、特に珍しい病気ではないと言えます。

このほか、親族に子宮筋腫の女性がいる(家族歴)と発症の確率が高くなる傾向が見られるため、遺伝的な要素を疑う説もあります。ただ、これは一概に断定はできません。と言うのも、一緒に住んでいる家族とは食べ物の好みや生活習慣を共有するため、環境因子が発症につながると考えることもできるからです。家族に子宮筋腫の人がいるなら、意識して定期検診を受けるなどの注意は必要でしょう。

 

子宮筋腫は良性の腫瘍ではありますが、大きさや数、できる部位によっては辛い症状を引き起こし、女性の深刻な悩みの種となります。典型的な症状としては、月経時に現れる下記のような症状が挙げられます、

・月経出血量が多くなる

・月経期間が長く10日以上続く

・我慢できないほど強い生理痛がある

これだけだと、「生理が重いのかな」と見過ごしてしまうかもしれません。しかし、さらに筋腫が大きくなってくると、子宮そのものや周辺の臓器を圧迫し、

・頻尿や便秘

・下腹部痛

・腰痛

を引き起こすので注意が必要です。また、妊娠・出産に際しても、子宮筋腫は望ましくない影響を与えます。筋腫は硬いので受精卵の着床を妨げて不妊の原因となったり、たとえ妊娠できたとしても子宮を圧迫することで流産や早産を引き起こしたり、入り口付近にある筋腫が邪魔でハイリスク分娩になったりなどの危険が伴うのです。妊娠を考えているなら、筋腫の有無はチェックしておいたほうが安心と言えるでしょう。

 

また、上記の自覚症状に加えて、目に見えて下腹部が張り出してきて触ると固いようなら、早めに専門医を受診されることをお勧めします。

 

と言うのも、子宮筋腫でもっとも怖いのは、月経過多や月経時以外の不正出血が続くことによる「貧血」で、全身への血液循環が悪くなることだからです。

 

全身に循環する血液量が少なくなると、心臓が速く動いて体に血液を回そうとし始めます。その結果、脈拍が多くなり、心臓に負担がかかって、息切れや動悸、めまいといった症状が現れます。場合によっては心臓肥大を引き起こす危険もあるでしょう。

 

そればかりではありません。貧血になると、血液中に含まれる酸素や栄養分が不足します。そうした質の悪い血液しか回ってこない臓器はどうなるでしょうか?どんどん機能が低下し、免疫力低下などの症状も引き起こしてしまうのです。

 

子宮筋腫にそのものの影響だけでなく、子宮筋腫が原因の「貧血」によって引き起こされる免疫力低下も加わると、さらに妊娠しにくい条件が揃ってしまうので、赤ちゃんを望むなら注意が必要です

 

子宮筋腫は、手術かホルモン治療でしか治らない病気と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。食習慣の見直しやストレス解消、そして血行改善によって、筋腫を小さくしたり、辛い症状を緩和したりすることが可能です。

 

「子宮筋腫」が引き起こす月経の異常や辛い痛みを軽減するには、体を温めることです。

中村式温熱療法によって体温を上げると、全身の血行が改善され、免疫力もアップし、子宮筋腫の改善につながります。

■温めると効果的な部位

血行不良(冷え)と胃腸の下垂・機能低下があります。
これらが女性特有の病気、とくに子宮筋腫・卵巣痛・生理痛などに大きく関係しています。

子宮を含めた下腹部、またその裏側にあたる腰部を温めましょう。

子宮筋腫に温めると効果的な部位

生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛を改善する治療法のページ

女性の生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛には、背景が3つあり、改善のための治療法があります。
簡単に実践して頂けることになりますので是非ご覧になってください。

●生理痛・子宮筋腫の痛み・卵巣痛を改善する治療法

●東洋医学で子宮のトラブル・子宮筋腫を改善するには?

中村司こだわりホットパック

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法