中村式温熱療法で免疫力・快復力を高める

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。
  • 中村式温熱療法
  • 中村式温熱療法

記事検索

記事検索

文字の大きさ

温めると効果的な部位

体を温めれば、痛みや病気は治っていく

体を温めれば、痛みやさまざまな不調が改善されることは、東洋医学や代替医療の世界ではかなり前からの常識でした。

しかし、そのためにはわざわざ通院したり、かなりの手間が必要だったりと経済的・時間的な大きな負担が発生するというのも現実です。

というのも効果のある温熱療法の医療機器は大型となってしまうため、ある有名なクリニックでは1億円以上の設備投資をして導入し、一回あたり数万円の費用が必要となっています。

保険外かつ高額であっても、リピーターが多く、それなりの効果も実感できるのでしょう。

もちろん、従来の医療制度では効果的な温熱療法をカバーできず、まだまだ一般の方が手軽に受けられない状態です。

マスコミも注目する「温熱とHSP(ヒートショックプロテイン)の関係」、実践方法などはある意味、一部の医療者しか知らない「秘密情報」ともいえます。

そういった医療の事情をご存知で、東洋医学を研究されている医師や治療師の先生方から最近、本当に多くのご注文をいただくようになってまいりました。

まずご両親など「親族分」として数個、そののち多い先生では、数十個~100個以上ものご注文をいただくようになっています。 これは「お一人当たり」、の注文数ですから、あなたもきっと驚かれることでしょう。

温熱療法が、血行や代謝を飛躍的に高め、痛みやさまざまな難病治療の「突破口」になることを、中村は約20年にわたって目の当たりにしてきました。

私自身のリウマチや交通事故の後遺症など、つらい時期もずっと手助けしてくれた温熱療法を、今あなたに伝えられることを無上の喜びと感じています。

このサイトでぜひ、簡単に毎日実践し、病気を克服する智慧を得てほしいと願っています。

中村式温熱療法 提唱者

                      難病請負人   中村 司 拝

温めることで血流が良くなり、病気・痛みは治っていく。

病気や痛みを落ちつかせる非常に有効な手段の1つとして、徹底的に体を温める治療方法があります。

勘違いしないでほしいのは、普通に温めるのではなく、徹底的に温めることです。

これを温熱療法といい、中村司は熱の質、とくに「遠赤外線/育成光線」といわれる周波数帯に注目しています。

熱の質により、内部に侵透する熱エネルギーが全く変わってくるのです。

温めれば確実に血流が良くなります。自律神経の乱れも整うでしょう。そして回復スピードが早まると言う理由です。

なぜなら快復を阻んでいるのは循環の悪さであり、細胞レベルに栄養が行き渡っていないという背景があるのです。

冷えて、代謝が悪い人は、汗をかきにくく、便秘になりやすいものです。

(健康な人、早期に快復していく人の特徴として汗、尿便など代謝がよくなります。適度な運動は、発熱し、汗をかくことで健康に有効といえます)

血行改善、神経の痛み、筋肉の痛みを緩和する方法

もちろん痛みといってもいろんな部位、いろんな感じ方があります。

特に血行改善、神経の痛みの緩和、筋肉の痛みの緩和などについては、中村式温熱でお勧めする医療機器、こだわりホットパックに効果効能として表示されています。(厚生労働省認可)

痛みと血流の関係、プロスタグランジン

慢性的な病気/内臓の不調を改善するには

そもそも内臓の病気の場合、原因があって病気と言う大きな結果が出ているので、時間がかかるのは仕方のない部分がありますが、一気に良くなることはあまり期待できないので、地道に取り組む姿勢が大切です。

精神の安定、きちんとした栄養、しっかり温めることで、希望が開けてくることでしょう。(東洋三理療法を参照。

記事ランキング

  • 卵巣痛は左右のどちらかに発生することが多い
    卵巣痛というのは、両方の卵巣で発生するというよりも、左、右のどちらかに発生していくことが多いと言えます。 体をどちらかに傾けると、それに応じて痛みを感じることがあることから、姿勢を変化させていった時や →続きを見る
  • 卵巣痛でチクチクとした痛みを感じることもある
    卵巣痛というのは正常な人であっても起こりうるものです。そのため卵巣に痛みが出てきた場合でも、神経質になってしまう必要はなく、自分の体を観察しておく必要があるでしょう。   女性の場合、妊娠を →続きを見る
  • 子宮筋腫の悩み
    月経のある女性の5人に1人はあると言われる「子宮筋腫」は、 場合によっては、不妊や流産にもつながるもの。 症状がないからと軽視せず、定期検診と早めの体質改善をお勧めします。   子宮筋腫は、 →続きを見る
  • ホットパックについて
    安心安全の医療用ホットパックといえば? 「旦那よりはるかに大切」 「これがないと生きていけない」 とまで絶賛される人気ナンバー1の医療器具 中村司のこだわりホットパックなら、こんな症状でも楽々対応♪ →続きを見る
  • がん〜温熱治療で癌の免疫力を高める〜
    なぜ癌に温熱治療が良いのですか? (なぜ、癌に温熱療法が良いのか、教えてください) 癌の温熱療法というのは非常に有名なのですが、実は「42度とか43度の体温下では、癌細胞は生存できない」ということが →続きを見る

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法