平熱が高い女性の疑問。 高い体温について

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

平熱が高い女性の疑問。 高い体温について

2014/10/24

改編するとニュアンスが伝わらないと思うので、ほぼそのまま、質問を載せます。

 

□ 質問者

私は平熱が高い(36.6℃)ので、手足の先が冷たくなることはまずないです。
冷たくなっても少し擦ったり動かせばすぐに温かくなります。
前にお医者様に「これ以上平熱あげないように注意してね」と言われ、その時は「まぁ普通に生活してればいいよ」と言われたのですが…、どういう事なんでしょう?

■ 中村司

子どもさんは平熱が高く、歳をとるごとに、お年寄りは低くなっていきます。
そして体熱がなくなる時が「死」ということになります。
死ぬから熱がなくなるのか、熱がなくなるから死んでゆくのか。。。

平熱が高いというのは、あるいみ、若いといえます。
私もそうなのですが、調子が悪い時、発熱の逆の「低体温」の日があるかもしれません。
「フラフラするなぁ」と思い、自分で計ると、一度以上も下がったりします。
また、発熱するとすこしつらいかもしれません。

その医師は、高熱すぎるとたんぱく質凝固が始まる、とか極端なことでも考えたのでしょうか。

基本的には、よく体を動かした昔の人たちは、みんな体温が高かったので、心配するほどのことはないと思いますよ。
現代人が、平熱が低すぎて危機的といわれるのです。

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法