多くの人が頭痛・不調になりやすい「天体病」とは

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

多くの人が頭痛・不調になりやすい「天体病」とは

2020/05/24

※「天体病」は中村の造語です。なので調べても文献が出てこなくて当然ですが、間違いなく存在します。

この5月20日(水曜)あたりから頭痛など、不調の続いた方が多く発生していました。
頭痛で2日間ほど寝込んでいた方もいますが、5/22金曜の昼以降、回復されていると思います。

おそらく、原因はこれ、小惑星の接近のようです。
通過したみたいなのでご安心ください。
(持病の悪化ではなく、身体が警告を発していたととらえてください)

(リンク)→「かなりの大きさの小惑星」、22日午前10時ごろ地球に接近=米国NASA

 

中村の解説—

この10年ほどで知られてきた不調に「気象病」という現象があります。
だいたい雨/台風/低気圧の接近での「気圧変化」が主原因だと思います。

今回のケースは、私が「天体病」と呼んでいる現象です。
地球の衛星である月の満月、小惑星、彗星の通過でも起こりえます。

満月になる頃 、頭痛になる女性はけっこう多いですし、新月でもありえるようです。
海亀だって満月の砂浜で産卵しますし、人間の赤ちゃんも出産しやすいらしいですよね。

(最新の研究では巨大台風の発生により地震すら起きるというデータもあります)

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

温熱療法みんなの使い方

温熱療法の活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別温熱療法の活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線でいつでも体を温められる 「中村式温熱」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法