「わくわく創造研究部」の入会受付を再開しました

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

「わくわく創造研究部」の入会受付を再開しました

2022/07/12

【わくわく創造研究部 入会受付再開について】

 

この数年間、システム上の困難な問題も発生してしまい、
わくわく部への入会手続きが不可能になっていました。

このような現状でも入会を希望されるお声を時折いただくため、
月2本の「音声配信」を配信するシステムとして
入会受付を再開する運びとなりました。

 

 

—– わくわく創造研究部 概要 —–

 

こんな想いをもつ、あなたのお役に立ちます

  • 年齢より若く見られたい人
  • 健康を保ちたい人
  • 自分の老後・親の介護が心配な人
  • お金との上手な付き合い方を実践したい人
  • より良い人間関係に恵まれたい人
  • 希望や幸福を感じながら、わくわく暮らしたい人
  • 自信を持ちたい、メンタルを強くしたい人
  • コーチング・NLPなど目標達成やコミュニケーションのための最新の心理学に興味ある人
  • AIやロボットの時代を生き残りたい人

 

《 趣旨 》

  1. 専門分野をふくむ広い範囲での情報収集
  2. 予想されるリスクは、あらかじめ予備知識を持ち、準備しておく

というのが、「わくわく創造研究部(わくわく部)」の趣旨です。

 

【 ビジョン 】

この活動によって、一人一人が不安や恐れをなくして進化し、

「愛と豊かさにあふれた世界」を作ることを目的とします。

 

【 目標 】

自分を進化させ、不安をクリアにする。
幸せを感じながら、未来につながっていることを確信する。
家族・友人みんなが幸せになる。
地球全体が理想郷になる。

 

【内容/月刊】 
わくわくアカデミーの音声を配信します (月に2テーマ)

(中村司および信頼できる講師による情報提供になります)

 

【取り組んでいる主なカテゴリー 】

  • 美容・健康
  • 人とのつながり
  • 老後・介護
  • お金との付き合い方
  • 安定的幸福
  • 未来の発展/瞑想/意識の浄化
  • おすすめ情報 (書籍・グッズなど)

 

《 収録済のテーマ 》

10歳若く見られるには
快眠法  ~ 眠りの質を良くする6つのカギ ~
思い通りの人生を送るために何が必要か
健康・長寿であるために最も大切なこと
体の痛みをなくすには?【前編】痛みの全体像
体の痛みをなくすには?【後編】原因と対策編
夢を実現するために
心配ごと、不安から解放されるには
死に対する不安を取り除くには
お金に困らない方法とは
病気は根絶できるのか?
本当に気の合う親友をつくるためには
認知症のケア・記憶力を良くするために
今が不幸だと思っている全ての人へ 「しあわせ行きチケット」ここにあります
おひとり様でも楽しく暮らす方法 「おひとり様」を科学する
宗教ではなく、なぜ信仰心が大切なのか
夫婦・パートナーの精神的な結びつきを強くするために
より良い嫁姑関係
いろんな人からバックアップしてもらえる方法
お互い気持ちのよい(変な気を使わない)対人関係を築く方法
健康な体をつくるために必要な栄養素
介護生活を楽にするために
死ぬ間際まで元気でいる方法
開運のための空間作り
波動療法
音響療法・音楽療法・特殊音源
年をとってもスタスタ歩くには
創造的で冴えわたる脳であるために(ボケとは無縁の脳)
あなたに本当にあった靴の選び方(外反母趾・内反小趾など手足の変形も)
体を温めるとなぜ健康になるのか?どう温めるべきか?(仮)
お腹(腸)とミネラル

※これら月々配信されるテーマの順序は、制作側にて決定します。
部員の皆さんの要望で変えることはできませんので、ご了承ください。

 

《 今後収録を予定しているテーマ(仮) 》

緊張しない方法
健康になっていく姿勢、歩き方生命力をアップさせる呼吸法
疲れにくい体になるために

体のトラブルを未然に防ぐ方法
理想のパートナーと出会うために(茶飲み友達を含む)
少々無理をしても大丈夫なパワフルな体になるために
人生が変わる気功法成績が良くなる学習法
サーカディアンリズム(概日リズム)体内時計に合う暮らし方
トラウマ・悪夢から解放されるためには
自律神経を整えるためには?
コミュニケーションを良くするコーチングやNLPで気を付けるべきこと

 

病気、老後、介護、人間関係、お金などの問題は深刻化して、人生を狂わしてしまう場合もあります。
かなり酷い状況に追い込まれてから、難しい局面を打開するのは、大変な労力と回復までの時間を必要とすることでしょう。

想定されるリスク・悪い状況を理解して、事前に備えておくことは大切なことです。
また深刻になる前に手を打つことで、大難を小難に、小難を無難へと被害を減らすことも可能でしょう。

「今まで経験の無いこと」は、なにをするにも不慣れで大変なことです。
一人で抱え込むと、キャパシティを大きく超えて、パンクしてしまいます。
そういった未経験の不安を消滅させることも、大きな目的の1つとします。

そのための「強力な武器」として、毎月2つのテーマで月刊の音声配信をいたします。

音声配信では、中村司が専門家と一緒に、人生の悩み全般に対して、問題の本質に迫るよう、本質的なアプローチをしていきます。

 

 

【名称について】

人間にはいろんな「自由」が保証されています。
暗い話をして消極的・否定的になる自由、周りに愚痴を広める自由もあります。
でも、ここに集う私たちは、まったく逆。
わくわく感の中で、新しい発展的な未来を作っていくという偉大な選択も出来ます。

「創造」という言葉には、「無」からの天地創造と同じく、我々の意思によって「わくわく感を創造していく」という意味合いが込められています。

学校の部活、サークルのようにしたいと考え、会でなく「部」としました。
また略称は、「わくわく部」とし、活動をすることを「部活」と呼びます。
なんか学生時代に戻ったようですよね。

 

【会費について】

内情の公開になるかもしれませんが、今回の部活は「有益な情報の共有」を目的としているため、収益をあげることは想定していません。
そのため、毎月の運営賛助金(部費)として2,980円+税で設定しました。
(一日あたり約100円ですね)

これだけの価値を提供して、もし「高い!」といわれたら、返す言葉も見つかりませんし、
月々1万円以上の価値を感じる、と考える方だけに集まってほしいです。
(価値観が違うメンバーとやり取りすることは、お互い不利益になるので)

かなりの初期費用と労力がかかっていますが、できるだけ赤字にならないよう、運営費程度をいただいて収支がトントンになるようにと、設定した金額です。
(現状は、もちろん大赤字ですが)

 

【最後に】

どれだけ努力し、準備しても、人生の心配というのは尽きないものです。
病気、老後、お金、ヒト、子の教育などいろんな分野があります。
そのどれが欠けても、悔いの残る、不本意な人生になってしまうかもしれません。

これら人生全般の不安を打開していくために、創設したのが、わくわく創造研究部です。
重視するポイントは、たった2つ。

1つは、愛を基本とした「共生型」の自己をつくる

2つめは「人生を変革する、戦略的な考え方の学習」  ・・・という両輪です。

 

あえて対象をいうならば、健康や老後に関心の高い30~60代の方にお勧めしたいです。
なぜなら、まだ時間的余裕、軌道修正する余地が残されているからです。
(若い人はまだ危機意識が少ないでしょうし、知力・体力が低下した人には、刺激的過ぎるかも。)

困った時はとくに、客観的な意見をいってくれる友人、知人の存在はありがたいものです。
といっても、1ヶ月前に出会ったばかりの人に相談するのも不安なことでしょう。
ちゃんとした人間関係を日頃から築くのは大切ですよね。

 

ある良書にあった厳しい言葉ですが、「人生を戦略的に生きている人は、千人に1人もいない」とのことです。
確かにそうかもしれません。

人生の苦難に遭遇すると、ほとんどの人が思考停止してしまい、もう再起できないのではないかと落ち込み、絶望してしまいます。
それによって発展的な積極的人生をあきらめて、「自分の価値」「未来の可能性」を狭く、小さくしてしまうのです。

ところが、なにごとも目標を達成するのは、心に希望をもつ人、信念をもつ人、と相場が決まっています。

また戦略的な発想が背景にあれば、人生がより生きやすくなることは間違いないし、良い友人がいれば、不安は大きく減らすことができるのです。
わくわく創造研究部 設立の狙いは、まさにそこにあります。

 

正直にいうと、中村が最大の危機感をもったのは、数年前に、AIやロボットの台頭で世界が激変していくという情報を得てからです。
調べるにつれ、愕然としました。

一般の人は、SONYのアイボ(犬型ロボット)の古い記憶をもつくらいでしたが、こんな重大な未来予測をマスコミや政府が国民に知らせないのは、絶対におかしい、と強く思ったのです。

チェスや将棋のプロがAIに敗北する時代が来ました。
学校教育では、教科書を丸暗記して良い学校に行くことがエリートの条件とされますが、この価値観も近いうちに崩れるかもしれません。今は小学生でもプログラミング講習に通う時代のようです。

情報通によると、大手企業の重大な決定はAIがしているし、証券会社ではAIが株を売買しています。
あと30年すれば、AIと法的に結婚できるようになる、と予想されています。

激変した世界では、多くの仕事をAIロボットがこなします。
戦争で闘うのもロボットの仕事です。軍隊に人間は不要になり、自衛官のほとんどは廃止されるでしょう。
まるでアニメーションか、ゲームあるいは映画を見ているようです。

仕事でいうと、私たち人類は、職業を失くしたり、1日3時間労働だったり、業務内容を変える必要がでてきます。
最終的には、人類がAIと戦争になったり、AIに支配される可能性すらささやかれています。

 

私たちは、人間がAIに支配される社会ではなくて、

AIを利用し、私たちがもっと発展的に生きることに力を注げるような社会でありたい。

あきらめきれない夢や理想をもつ人の手助けをしたい!

あなたの人生にドラマティックな変革を起こしたい、と考えています。

 

ご入会の手続き

 

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

温熱療法みんなの使い方

温熱療法の活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別温熱療法の活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線でいつでも体を温められる 「中村式温熱」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法