命を懸けて、人生をかけて、実現したい未来

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

命を懸けて、人生をかけて、実現したい未来

2015/11/19

中村には「実現したい未来の世界」「夢想している世界」があります。


「温熱と東洋医学で、世界の人々を救うこと!」

死ぬまでに、自分に寿命のあるうちにどうしても達成したい、究極の夢でもあります。

東洋医学でこの世界を変えることが出来たら、、、そんな未来をイメージするだけで至福に浸ります。

その瞬間を見届けて死ねたら、もう思い残すことはありません。

それこそ悔いのない、本望です。

 

妄想家で心配性だからか、数十年後の世界、自分が死んだ後の次世代の心配までしまいます。


「人々を救う、効果的で最もシンプルなシステムを作って、次の世代に渡す!」

ネイティブインディアンは7世代先のことまで考えて物事を決定する、と聞きましたが、どうも私は3世代先くらいまで心配しているようです。

よく「日本人らしくない。外国人みたい」といわれ、奇妙な言動を笑われるのですが、気にしないようにしています。

 

もともとあきっぽい中村司が「体を温めて健康にする」というシンプルな治療法の普及活動を20年もしています。

自分でも信じられないことです。

こだわりホットパックをはじめとする中村式温熱は、遠赤外線を重視し、もちろん練りに練られ、計算しつくされた設計ですが、実践してしまえば、本当に単純なことです。

ベッドに置いておき、ボタンを1回か2回押して、身体の気になる部位に当てるだけ。

それだけでも楽になるし、快適で気持ちよく暮らせます。

犬や猫ちゃんも勝手に温めているくらいなので、動物的本能にも訴えかける究極的な構造。

 

 

というわけで、ニンゲンサマには説明不要なくらいシンプルですが、「そんなに簡単に楽になるの?」という疑い、疑念を持つのが現代人の悲しい性(さが)かもしれません。

「電気をつけて体に当てておけばいい」「一家に一台あれば、困った時に頼りになる」そんな便利な道具がある、って聞くと、「ドラえもんの魔法の道具」のように、なんとなくマユツバモノに思える「大人特有の疑念」を持ってしまうようです。

 

ところが、、、
疑って疑って、3年間も迷いに迷って1台目を購入した方が、遠赤外線の良質さに目覚めて、ヤミツキになってしまい、一年後、家族全員分、4台目、5台目の注文をしてくださることも多いです。
「迷っていたことは、ムダな時間だったと反省した」とのことです。

本当に面白いことです。

 

 

空想と笑われるでしょうが、、、、

中村司が狙っているモノ、開発・普及を心がけているのは、ドラえもんのひみつ道具、です。

それくらいの満塁場外サヨナラホームランを狙っています。

医療者としては無謀な挑戦でしょうが、泣いても笑っても、たった一度きりの人生。
自分の挑戦の限界がどのあたりなのか、どこまで行けるのか、試してみたくてたまらないのです。「絶対やる。死んでもやる」という情熱があればなんとかなると思っています。

経営や永続性も大切ですが、「小銭が入ってくるといいな」というケチクサイ考え方は横に置いています。

 

もし、真剣に実践して、成果が出せなかった、期待・努力に対して結果があまり感じられなくても、とにかく最善の方法を採った、と自信を持って良いのです。

最善の方法を採った人は、死ぬときも生きている間も、全く後悔する必要はないのです。


「その時点でベストの判断・努力をした。仕方がなかった」
と思えば、精神的に楽になるし、次への移行も前向きにできるものです。

 

大丈夫です。
私もあなたと同じく、いろんな痛い目をかいくぐって、この言葉を伝えたい、と思ったのです。

 

私と仲間たちが東洋医学/自然療法にある未開の4次元ポケットから、ひみつ道具を取り出すことに成功し、世界の人々が平和に、より幸せに暮らすことを願って。

 

中村司 拝

 

【 こだわりホットパックの推薦文/専門家の先生より 

 

 

 

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法