電気製品と有害電磁波 電磁波を消す方法はあるのか

自宅で出来る一番手軽な温熱療法、それが中村式温熱療法です。

記事検索

記事検索

文字の大きさ

電気製品と有害電磁波 電磁波を消す方法はあるのか

2017/04/01

Q.  こだわりホットパック、こだわりシエスタに興味があります。

ただ、電気製品ということで電磁波が気になります。大丈夫なのでしょうか?

 

A.

人工的な電磁波として、みなさんが気になる代表例といえば、携帯電話、電子レンジ、電気カーペットやこたつなどでしょうか。

うまく言えないのですが、中村も一般的電気製品は、乾燥する感じとともに、少しピリピリする感じがして苦手です。

大きな熱量を発生させるには、電気を使うことが必須になってしまうのですが、こだわりホットパック、こだわりシエスタの熱は、快適で、かなり柔らかい感じの熱だということを最初に申し上げたいと思います。

ここが最後にキーとなってくる気がします。

(※参照/ 家電製品の電磁波が気になる方は→ ハワイアンマナ)

 

温熱系製品をお勧めしている立場上、中村も、電磁波を計測する機器を買ったりして、電磁波そのもの削減方法を検討した時期があります。

ただ電磁波は、空間である電場と磁場の変化によって形成される波であり、「電場」と「磁場」を消すのは電気製品の宿命として不可能といえるでしょう。

さらに光・熱(紫外線、赤外線、遠赤外線)や電波も電磁波の一つの形態であり、誤解している方も多いのですが「電磁波」というのは非常に範囲が広いのです。

 

ここでは、電磁波と『有害電磁波』は、ちゃんと分けて考えるべきと考えます。

もちろん『有害電磁波』は、少ない方が良いととらえたいですね。

そして最も大切な視点は、『有害な電磁波の影響をいかに体に受けないか』であると、最近は確信するようになりました。

有害電磁波の研究は、まだまだ解明されていない部分が多いし、政府も積極的とは言えないと感じています。

 

『有害電磁波』で起きる、指摘されている問題点を挙げると、、、

脳波が乱れる、

頭痛がする、

筋肉の力が入りにくくなる(脱力)、

体内で大量のミネラルを消費/浪費する(マグネシウムなど)、

白血病やガンの原因となる可能性を指摘する専門家も。

などでしょうか。

 

家族で電気自動車に乗ると、奥さん、子どもさんだけ頭痛を起こすというケースを聞いたりします。

(携帯電話を耳につけての通話で頭痛が起きる女性もいますが、男性はあまり感じない傾向にあります)

おそらく、脳波が乱れ → 頭痛がするのだろう、と推定しています。

 

この脳波の乱れ、敏感-鈍感にも個人差があります。

その日、その時の体調によっても違ってきます。

栄養学でいうと体内のミネラル量も、感度の個人差に関係ある可能性があります。

人間の身体は、とても優秀なセンサーであることがよくわかります。

 

1つの見解として聞いてほしいのですが、大学教授や栄養学の専門家から教えていただいた話などをベースとしています。

「電磁波そのものはあっても良い。有害電磁波の影響を(個人的に)減らすのが大切」

「結局のところ、有害電磁波のチェック方法は2つに集約される」・・とのこと。

 

 

有害電磁波が、体に与える悪影響の測定については、、

1つ、大学研究機関では、脳波測定ができます。

2つ、一般の人は脳波測定の機械がないので、筋反射が代表的です。

有害電磁波の影響があれば、筋力が減弱します。

その大学教授の先生は「脳波と筋肉をチェックする。この2つしか無い」と明言されていました。

結局は、計器での計測ではなく、人体の反応を見るしかない、とのことです。

 

数年前、この言葉を聞いて、私はようやく安心できました。

筋力の減弱と脳波の乱れによる頭痛は、いままでの経験上、わたしがお勧めする製品ではほぼ起こらないだろうと推定されるからです。

いままで数万人、とくに電磁波に敏感であるとされる方達にも、利用されており、「気にならない」と言って、特に問題なく使われています。

こういった経緯があり、こだわりホットパックおよびこだわりシエスタをお勧めしております。
(また、全身用の遠赤医温も良いです。こちらも電磁波ケアをしてあります)

 

 

Q.人工の有害電磁波がなぜ有害性、暴力性をもつのか?

この核心としては「エネルギー的にいびつだから」ということにいきつくかと思います。

エヘン虫のようなイガイガや、固くてギザギザな状態をイメージしてみてください。

その解決のため、いくつかの組織は、そこに太陽光線の中の「育成光線」の電磁波(良い電磁波/優しい電磁波)をぶつけることで、有害性を中和するという試みをしています。

「電磁波による電磁波の対処法」です。

 

ということで、私たちの見解としては、、

人工的、いびつな波長の集合である有害電磁波の人体への影響を減らすことが、肝要であると実感しています。

また円満な電磁波(9~10μマイクロメートルあたり)を発する物、あるいは鉱石・セラミックのうち、ミネラル類を多く含んだ物が身体の近くにあると、有害電磁波の影響を受けにくい、という見解を持つようになりました。

人体は、とても優秀なセンサーなので、一般的な電気製品と使用比較すればよくわかるのではないでしょうか。

もちろん、敏感な人ばかりではないので、あと20年ほどたたないと一般的なコンセンサスを得られないだろうと思っていますが。

 

【参考】

電磁波に対して非常にナーバスな方もいらっしゃり、そういう方には、念のため、遠赤外線セラミックシートを両面に2枚入れ、天照石が多く入っているこだわりシエスタの方をお勧めしております。

いろいろ敏感な方が、こだわりシエスタを非常に気に入って利用されています。(ピリピリ感がなく、熱の感じ方が、さらにやわらかいと思います)

また、そもそも、電磁波の発生源から遠く離れたり(距離)、あるいはアース自体がとれればそれも有効でしょうが、なかなか家に設備がないのが現実ではないかと思います。

 

※家電製品の電磁波が気になる方は→ ハワイアンマナ

「太陽光の電磁波9.6マイクロメートルによる電磁波の対処法」

 

こだわりホットパック推薦文

中村司こだわりホットパック

ブログ記事一覧

中村式温熱療法は「温熱」「栄養」「メンタル」という、3つの土台のバランスを整えることで、免疫力・快復力を最大限に高め、健康になる温熱療法です。
(「東洋三理療法」といいます。)

東洋三理療法

詳しく見る

中村がお勧めするホットパック最強活用法
専門家の先生方からホットパックの推薦分をいただきました

ホットパックを利用しているお客様に、普段どのようにホットパックを使用しているのか、アンケートにこたえていただきました。

ホットパック体験談を見る

こだわりホットパック温熱家族

こだわりホットパックの活用法。
特に治したい症状がある方に、症状別温めると効果的な場所をご紹介します。

症状別ホットパックの活用法を見る

中村司プロフィール写真

中村 司

(財)日本東洋医学財団 理事長
中村式温熱療法 提唱者

祖母が27年間リウマチで寝たきり状態だったため、 幼い頃より難病の消滅を悲願とし、治療師の道に進む。
その克服法を完成に近づける途上、自分自身に激しい リウマチ症状が現れたが、約3週間で克服した経験をもつ。

治った患者さんの共通点を分析した「東洋三理療法」、 遠赤外線の医療機器でいつでも体を温められる 「こだわりホットパック」、患者さんと共同開発した 「KIK療法」など、独自の視点から創案した治療法も多い。

中村司の詳しいプロフィール

9レッスンページへ
メルマガ登録ページへ
ページトップへ

Copyright © 2015 中村温熱療法